うつ病の初期症状をすぐにチェック|セルフシートを使おう

ウーマン

うつ病のセルフチェック法

医者

現代人に多いうつ病は、症状が進行すると仕事や日常生活がまともにおくれず部屋から一歩も出られない状態に陥ることも多いため、セルフチェックをして早い段階から自分の症状について自覚することが大切です。

うつチェックシートを活用

カウンセリング

うつ病はその状態が長く続いた状態を言います。この判断には簡易抑うつ症状尺度という自己記入のチェックシートが活用されています。重症度や状態を分類し、医師は診察と合わせて処方薬や治療方法を決めます。

うつチェックを受けてみる

ハート

うつ病は放置をすると悪化するため、心療内科や精神神経科を受診して、問診やカウンセリングなどのうつチェックを受けましょう。完全個室でリラックスしながら診察を行います。

うつの時に気をつけること

ナース

うつは見た目で判断しづらく、やる気がないだけであるとか怠けているなどと誤解されることも少なくないため、精神的に負担の大きい病気のひとつです。だからこそ、悪化させないよう気をつけるチェックポイントをおさえておくといいです。

うつ病の特徴チェック項目

病院

うつ病かもと思ったら

うつ病は、放っておいてしまうと深刻な問題につながりかねない病気です。しかし、うつ病になりやすい真面目で責任感が強い人ほど認めたがらない傾向があるので、家族や友達にあてはまる項目があればそれとなく気に留めておくと良いでしょう。まずは、眠れない日が続く、眠りが浅いというような睡眠に問題が起こることがあります。眠れたと思っても不快な夢を見てしまい目が覚めることが続くようなら注意が必要です。2週間以上眠れないと感じる日が継続するならば病院に相談に行くべきだと言われています。また、食欲がなくなることもよく見られることです。食べることが面倒になってしまい食事をとらずに長い時間を過ごしてしまうような状態になりがちです。家族の食事を用意する主婦のような立場の方がうつ病になると食事を準備することがつらくて仕方なく涙が出てしまうようなケースもあります。集中することができなくなることもチェックしたい項目です。仕事や勉強に取り組んでも、何をすればいいのかを考える気力がなくなってしまいます。うつの状態になる前は、仕事熱心だった人は自分の変化に愕然として焦りを感じます。いつもはあまり負担に思うことなくできていたことが、できなくなってしまったならうつ病になっている恐れがあります。うつの状態になると何事も判断することが難しくなります。そのため、どうすればいいのか決められないことが多くなります。また、衝動的に大胆な決断をしたくなるケースもありますが、判断能力が極度に落ちてしまっている場合もあるので、うつかもしれないと感じているときは、重要な決断をするのは避けた方が無難です。だるくて仕方ないこともチェックするべきことです。倦怠感が常に伴うため、理由がなくてもだるさを感じる時間が増えたら気を付けましょう。最初は、仕事や勉強などでいつもに比べて疲れやすいと感じていたことが悪化して日常生活を送ることにも強い倦怠感が起こるようになったら要注意です。特に疲れて入浴ができなくなることはチェックしたい点です。食事や歯みがき、好きなことをするのも億劫になり寝転がっていることが多くなります。トイレに行くことも面倒になり体を引きずるようにして行くようになったら、すみやかに専門医の診断を受けましょう。病院に行くことや、自分がうつ病になったことを知り対処するだけの気力もなくなっていることも少なくありません。うつは人と共に過ごすことに苦痛を感じる病気であると同時に周りの人に理解が必要になる病気でもあります。