うつ病の初期症状をすぐにチェック|セルフシートを使おう

メンズ
  1. ホーム
  2. うつ病のセルフチェック法

うつ病のセルフチェック法

医者

うつのセルフチェック法

うつ病のセルフチェックでまず確認したいのが睡眠状態についてです。睡眠状態は体の健康を示すバロメーターとして非常に大きな役割を占めており、うつ病患者の大半が何らかの睡眠障害を抱えているというデータがあり、自分が満足に眠れているかを確認しましょう。うつ病患者の場合、まったく眠れない不眠の症状が出ることで有名です。体が疲れているのに眠れない、昼間は睡魔を感じても連続して体を休めることが出来ないというケースが多々あるため、徐々に肉体的疲労と共に精神的ストレスが積み重なっていくのが特徴です。また反対に過眠の症状が出る患者も沢山います。過眠の場合はしっかりと睡眠時間を確保しても日中に激しい睡魔を感じたり、起きる時間になっても起きることが出来ず布団から出られないなどの症状がある場合はチェックに引っかかります。過眠によって睡眠サイクルに乱れが起こると自律神経の乱れも引き起こされ、身体に様々な影響をもたらします。そのためセルフチェックで次に確認したいのが気持ちに起こる変化についてです。うつ病になるとやる気が起こらなくなり、何事に対しても無気力で朝になっても布団から起き上がることが難しくなります。気持ちの落ち込みがどんどん進行していくと無気力になるだけでなく自ら命を絶ちたくなってしまうようになっていくため、自殺という最悪の状況を防ぐためにもセルフチェックを行って気持ちの変化をつぶさに観察しましょう。また、身体や心の変化は食欲に影響を与えることもあります。食欲不振に陥り、一日三食バランスよく食事を採ることが出来なくなったり、全く食事が喉を通らない時は要注意です。場合によっては過食や嘔吐といった他の症状が起こることもあるため、正しく食事が出来るかもセルフチェックで確認すべき点です。うつ病の症状は、初期だとなかなか自覚することが出来ないことも多いため、セルフチェックをする時に判断がつかない場合は家族や友人らにアドバイスをもらうのも良いでしょう。セルフチェックでうつ病の可能性が生じた場合、早めに専門機関を受診して専門的なチェックを受けましょう。その場合は精神科や心療内科などのクリニックを選ぶと良いでしょう。うつ病と判断されたときは医師が処方してくれる薬を内服したり、カウンセリングを受けて気持ちを落ち着かせることが出来るため、早期に社会復帰が出来る可能性が高くなります。最悪の事態を招いてしまう前に、いつでもどこでも簡単に出来るうつ病のセルフチェックを行いましょう。