うつ病の初期症状をすぐにチェック|セルフシートを使おう

メンズ
  1. ホーム
  2. うつチェックを受けてみる

うつチェックを受けてみる

ハート

鬱チェックを受けましょう

結婚や出産、就職や転職などの環境の変化や、人間関係のストレスなどが原因で、うつ病に罹る人が増加しています。2、3週間以上気分が優れない状態が続いており、趣味や娯楽に関心が乏しくなる、食欲や睡眠などに異常が見られる場合は、精神神経科や心療内科を受診して下さい。精神神経科や心療内科に行くのに抵抗を感じている人もおられますが、心身の不調を感じている人のための医療機関なので、親切で丁寧な応対が特徴です。精神神経科や心療内科では、経験豊富な医師がカウンセリングや問診を行っており、ストレスの原因をチェックしてくれます。うつ病は放置をしていても、改善するケースは少ないので、早めに医療機関を受診してうつチェックを受けて下さい。社交的で明るい性格の人が人と会うのを避けて、部屋に閉じこもるようになったり、朝が起きられなくなるなどの変化が見られたら、家族が付き添ってあげて下さい。うつ病は早い段階から投薬による治療を受けたり、朝型の規則正しい生活を心掛けることで、辛い症状を改善する効果があります。精神神経科の医師は丁寧なカウンセリングを行っており、病気の原因を調べてくれたりうつチェックを丁寧に行っています。一人一人の症状の重さや、体の状態が違ってくるので、抗不安薬や睡眠導入剤、抗うつ剤などを処方してくれます。問診やカウンセリングで鬱チェックをしたら、最初は弱い薬を処方してくれるので、一週間から2週間程度は続けてみると良いでしょう。薬の効果をあまり実感できない時は薬の種類を変えてくれたり、増薬などで調整をしてくれます。新型うつ病の場合は従来のうつ病とは違い、通勤や通学などをしない時は、旅行などのレジャーも楽しめるなどの特徴があります。病気の種類によっても最適な治療法が違ってくるので、まずは通院を始めて下さい。以前に比べると心の病気に関する偏見なども少なくなっており、病院やクリニックも明るい雰囲気なので、安心して通院ができます。リラックスできる個室で問診や鬱チェックが受けられるので、家族に同伴してもらうと良いでしょう。症状が重く家事や仕事に集中できない時や、自殺念慮などが出ている時は、一時的にストレスの多い環境から離れて入院をするのもお勧めです。うつ病は環境が変化しやすい女性に多い傾向がありますが、男性も罹る人が増加しています。病院やクリニックでは投薬以外には、認知行動療法や作業療法などの治療が受けられる所が増加しています。規則正しい生活をしたり、人と交流をしたい場合はデイケアに通うのもお勧めです。